つくばホスピタリストの奮闘記!

筑波大学附属病院 病院総合内科に所属する専攻医によるブログです。まだ創設間もない病院総合内科での活動を発信していきます!!

2021年度、梅雨入り前に少し宣伝

みなさん、こんにちは。COVID-19が流行している中にも関わらず、世界情勢は大きく荒れており、その中で日本は足踏みとジリ貧の状態でございます。みなさんはいかがお過ごしでしょうか。今回は久しぶりの「です・ます調」、病院総合内科宣伝回です。どんなに世界が沈鬱悲壮に包まれていても、雉鳩は何事もないように鳴き、時も澱みなく進んでいきます。来年度に向け、病院総合内科も今のうちから少しずつ宣伝していこうというわけですね。

 

f:id:TsukubaHospitalist:20210529213107j:plain

ガチガチでもゴリゴリでもない内科が目標です!

 

病院総合内科はもともと救急・集中治療科のバックアップを受けて成立している部門で、今後も協力関係は変わりませんが、来年度以降はメンバーの異動に伴って少しばかり体制が変わっていく見込みです。具体的には、もう少し内科色を前面に出して、内科専門医資格の取得や一般内科のトレーニングをやりやすい場を目指していけたらと考えているところです。

 

外科医もそうですが、内科医も忙しい職種です。特に、内科専門医になるにあたっては、専門研修の過程で内科ローテートを行わないといけないのですが、そのローテートの過程の多忙を忌避して皮膚科や眼科に流れてしまう若手医師が多いように思います。多忙を理由に内科という大きな可能性を閉ざしてしまうのは、実に勿体ない! 体力がないから内科を選ばない。育児で忙しいから内科を選べない。機会均等が望まれる令和のご時世に、このような状況はいかがなものかと思うのです。

 

これからの病院総合内科は、このような機会不均等に挑戦できる唯一の内科でありたいと思っています。そもそも、救急・集中治療科のバックアップを受けて設立された経緯から、病院総合内科はオン・オフがかなり明確になっています。現実的な数に病床数も制限されているので、制御不可能な量の仕事を抱え込む頻度も最低限に抑えられています (年末年始は例外的に、少し忙しいかもしれません)。このような環境下であれば、どんなに体が弱くても、どんなに家庭事情で働く時間が限られていても、誰でも内科医になることができます。

 

病院総合内科は臨床面だけでなく、教育や研究にも力を入れています。例えば、2020年度は病院総合内科からPubMed収載誌に20本以上の論文を通しています。その中にはトップジャーナルであるAmerican Journal of Medicine誌やClinical Infectious Diseases誌、Clinical Orthopaedics and Related Research誌なども含まれています。院内の感染対策勉強会も昨年度は病院総合内科から担当させていただきました。さらに、病院総合内科では日々、入院症例に応じた文献を共有して、常に最新知識での治療を行うことを目標にしています。まだまだ創設間もない小さな部門ではありますが、たった4人の病院総合内科は1年でここまでやってきたのです。

 

ささやかな幸せを確保した上で、思いの丈に応じて自己実現を追い求めることもできる筑波大病院の病院総合内科。この小さな診療科の雰囲気を作っていくのは、他ならぬ新米内科医のみなさんです。騙されたと思って、一度見学に来てくれる人をお待ちしております。秋葉原からつくばまで僅か45分なので、日帰り見学も簡単です。

※ 連絡先は、 naikaあっとmd.tsukubai.ac.jp

 

2020年度の診療実績

以下のリンクをご参照ください (2020年4月~2021年3月上旬)。

 

2020年度以降の文献一覧 (PubMedに2021年5月時点で収載のもの)

Nonalcoholic fatty liver disease as a risk factor for Clostridium difficile-associated diarrhea. QJM. 2020 Sep 1;113(9):699.

Cytomegalovirus seropositivity is independently associated with cardiovascular disease in non-dialysis-dependent chronic kidney disease. QJM. 2020 Sep 1;113(9):701.

Vitamin B12 deficiency and metabolism-mediated thrombotic microangiopathy (MM-TMA). Transfus Apher Sci. 2020 Oct;59(5):102872.

Tietze Syndrome and Malposition. Indian J Orthop. 2020 Jul 28;55(1):230-231. doi: 10.1007/s43465-020-00207-2.

Ludwig's angina and steroid therapy. QJM. 2020 Aug 10:hcaa239.

The characteristics of patients with possible familial hypercholesterolemia: screening a large payer/provider healthcare delivery system. QJM. 2021 Feb 18;114(1):66.

Potential survival paradox in pneumonia. Pulmonology. 2021 Jan-Feb;27(1):84.

Aortic Dissection due to Eosinophilic Granulomatosis With Polyangiitis. Cureus. 2020 Aug 31;12(8):e10167.

Critique of "Evaluation of Addition of Intravenous Metronidazole to Oral Vancomycin Therapy in Critically Ill Patients with Non-Fulminant Severe Clostridioides difficile Infection". Pharmacotherapy. 2020 Sep;40(9):984.

Delayed Cerebral Abnormalities in Acute Hyperammonemic Encephalopathy. Cureus. 2020 Sep 8;12(9):e10306.

Does alcohol consumption really affect the outcome of nontuberculous mycobacterial infections? Pulmonology. 2021 Mar-Apr;27(2):185.

A Sudden Fluctuation in Creatine Kinase: Water Intoxication and Rhabdomyolysis. Cureus. 2020 Sep 28;12(9):e10698.

Disseminated Infection Caused by Staphylococcus schleiferi: A Dangerous Wolf in Coagulase-Negative Staphylococcus Clothing. Cureus. 2020 Oct 26;12(10):e11188. doi: 10.7759/cureus.11188.

The Still Unknown Worth of a Gram Stain for Pneumonia. Clin Infect Dis. 2020 Oct 28:ciaa1642.

Is an Increase in Heart Rate the Result or Cause of Cardiac Dysfunction? Am J Med. 2021 Jan;134(1):e68.

Starvation Ketoacidosis With Hypoglycemia in a Patient With Chronic Pancreatitis. Cureus. 2021 Jan 17;13(1):e12756. doi: 10.7759/cureus.12756.

Serum uric acid levels: A surrogate marker of oxidative stress or dehydration? Eur J Intern Med. 2021 Apr;86:110.

Key to Choosing Wisely campaign: Clarifying the target for educational intervention. Emerg Med Australas. 2021 Apr;33(2):390.

Epilepsy prevention after brain abscess: Is it time to rethink the indication? Clin Infect Dis. 2021 Feb 24:ciab163.

Suvorexant Poisoning in a Patient With Cirrhosis and Renal Failure. Cureus. 2021 Apr 6;13(4):e14329.

What are the Optimal Cutoff Values for ESR and CRP to Diagnose Osteomyelitis in Patients with Diabetes-related Foot Infections? Clin Orthop Relat Res. 2021 Apr 14.

The possibility of heart failure in patients with “pneumonia” Eur J Intern Med. 2021 [online ahead of print]

The Difficulty in Interpreting the Value of C-Reactive Protein in the Context of Acute Medicine. Am J Med. 2021 [online ahead of print]